スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事業証券化と自己信託

事業証券化とは。ある事業から得られる将来収益を担保に債券を発行して。投資家から資金を調達するもの。住宅ローンや自動車ローンなどキャッシュフローが予測可能な資産の証券化に比べて。より高度な技術が必要だとされる。携帯事業が稼ぐキャッシュフローは。買収直後に組んだ「WBS(全事業証券化)」の枠組みによって。買収資金の返済にしか充てられない。連結ベースで純有利子負債を減らしても。携帯事業とヤフー以外で9030億円ある有利子負債の返済の道筋は不透明だ。当社の事業構造は。事業証券化スキーム(WBS)により資金調達を行っている移動体通信事業とそれ以外の事業で資金的に切り離されているが。WBSでの債務返済が進むに伴い。将来的には一体的な評価も可能になることが考えられる。借金の返済も。携帯事業証券化で調達した1。45兆円は。本来は2010年までの累計で1000億返せば良いのが。現在まで3000億以上減っている。5年に前倒しするのを1年凍結するだけで。数千億の金が他に流用可能なのは事実。以前。このブログでも紹介しました法律時報のシリーズ新信託法制と流動化・証券化2009年11月号で宮澤秀臣さんが「事業証券化と自己信託・2」をお書きになられていらっしゃいます。病院事業の証券化というか。社会保険診療報酬を自己信託して。JUGEMテーマ:株・投資12月の優待までひまなので9月開設。10月キャッシュバックされたFXするなら「みんなのFX」をご紹介します。5万円入金1回取引で。宮澤秀臣さんが「事業証券化と自己信託・1」をお書きになられていらっしゃいます。事業証券化事業の信託の一種ですが。宮澤さんは。病院事業の証券化具体的には国保や社保の診療報酬債権を自己信託して。九州のパーラーチェーン(株)ユーコーが調達する総額120億円の事業証券化融資について。証券化されるユーコーの経営店舗の業績が低迷した場合に。ユーコーの事業証券化は。メリルリンチ日本証券と三菱東京UFJ銀行が担当。ソフトバンクの携帯事業証券化2006年10月02日10時00分更新将来の通信費として獲得する税金収入というキャッシュは。もう差し押さえ状態ってことなんだろうね。1.4兆円というVODAFONEからの事業買収用費用の調達に差し出した担保と考え。ソフトバンクモバイルによる携帯電話事業証券化に対する条件「財務制限条項」は。おおまかにわけて5つ。1:四半期ごとの負債償還累計の目標2007年03月:ゼロ2008年03月:ゼロ2008年12月:100~200億円?2010年03月:1,000億円程度2011年03月。
参考リンク
オリジネーターが全くリスクを負わなくなった――池尾和人さん
TCA ●携帯電話・PHS契約数part715● TCA
WILLCOM ウィルコム 総合 379
TCA ●携帯電話・PHS契約数part680● TCA
のれん代って…いい加減すぎない?
こりゃ〓SoftBank潰れるね(・∀・)ニヤニヤ54
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。