スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1990年代日米経済における設備投資

用語解説<トレジャリー>米国国債(米国財務省証券)。短期(3ヶ月。6ヶ月。1年)の割引債をトレジャリービル。中長期(2年。3年。5年。10年)の利付債をトレジャリーノート。超長期(30年)の利付債をトレジャリーボンドと呼ぶ。編集長プロフィール広瀬隆雄(HiroseTakao)米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして。活躍中。編集長プロフィール広瀬隆雄(HiroseTakao)米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして。活躍中。過熱気味の投資ブームが巻き起こった。この背景には。労働コストの低さに基づく利益率の高さによる投資余力の厚さとともに。直接金融中心の資金供給メカニズムが存在した。とりわけ米国財務省証券の日本資金による購入が国内。海外資金の米国株式市場流入。編集長プロフィール広瀬隆雄(HiroseTakao)米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして。活躍中。編集長プロフィール広瀬隆雄(HiroseTakao)米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして。活躍中。もしもそのようなファンドを創ったとしても米国財務省証券は売却しないようです。損失がでた場合の責任は誰がとるのか!?実現できるかどうかは「?」ですが。民間の金融機関をはじめ日本国民は”お金を使わない”ので。外為特会の資金の大半は米国財務省証券(米国債)で運用されており。この効率改善を図るというのが。今回の触れ込みだ。資金の使途については。先般の中国のレアアース禁輸騒動を意識したものか。海外資源の確保を海外のインフラ投資事業と共に謳っている。編集長プロフィール広瀬隆雄(HiroseTakao)米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして。活躍中。編集長プロフィール広瀬隆雄(HiroseTakao)米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして。活躍中。
参考リンク
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。