スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の展望(7月4日)

円高進行が日本株式市場の上値を抑える展開。更に。米国経済指標が冴えないことから米国株式市場は軟調な展開が続いた。日本株式市場は年初来安値を更新。週末は何とか前日比プラスであったものの。米景気や欧州金融機関に対する不安はなお払拭されてはいないが・・・■日本株式相場■今週の日本株式市場は。短期的反発局面になりそうか・・・米国経済の鈍化あや為替の円高に対する警戒感は根強いものの。世界から見ると日本株式市場掛け合わせで10%下落。同期間の米ダウ平均下落率とほぼ同率。韓国0.3%上昇。ウォン対ドル約8%下落。ドルで見ると。両方掛けあわせて8%弱下落。日米との大差はあまりない。本日の日本株式市場のまとめ12円11銭高の9203円71銭割安感から買い戻される場面もあったが。米雇用統計の発表を控えており。慎重に見極めようとする姿勢が上値を重い展開であった。化粧品。衣類等々○日本経済の回復基調は継続・日銀短観における設備投資計画・実績(全規模・全産業)◎日本株式市場展望○日本株の長期的な推移①「自信の循環」で読み解く○日本株の長期的な推移②米国株とほぼ連動○日本株。以下。日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。以下省略↓入会詳細はこちらからです。宮地塾会員登録皆さんの応援がなければ。ご無理を言って載せていただいている有料ブログも掲載する事が難しくなってきます。日本株式市場下へのバイアスが強まっており昨年11月安値の9100円レベルが意識される展開。このレベルで止まるのかどうかが最大の焦点だろう。75日線の乖離率は-10%を突破し目先的にはやや売られ過ぎ感はある。おはようございます(=⌒▽⌒=)日本株式市場。年初来安値更新しました。9,147.68円。そのかわり10年債利回り1.065%へ。ドル円87円台!ユーロ円109円台前半!昨日の日経平均9,191.60円(-191.04円)昨夜。本日の日本株式市場のまとめ191円04銭安の9191円60銭昨晩発表されたADP雇用リポートなどの経済指標が悪化した。またスペイン国債の格下げの可能性が伝わったことで売りに押され。米株市場は続落であった。以下。日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。以下省略↓入会詳細はこちらからです。宮地塾会員登録皆さんの応援がなければ。ご無理を言って載せていただいている有料ブログも掲載する事が難しくなってきます。
参考リンク
7/5-7/9 短期的な反発局面か・・・
7/2 まとめ
サテライトの投資ゼミ
雇用統計の数値の見方、発表後の展開を読む
前場: 自律反発があっても不思議ではないが
7/1 まとめ
行使価格88円のオプションの影響
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。