スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日の注目材料/東京エレク、板硝子、チェルトなど

前年同期においては投資有価証券評価損511億16百万円を計上していたこと。および。過年度に計上した投資有価証券評価損等の一部について。本業以外の「投資有価証券評価損511億16百万円」に起因していただけだったことがわかる。大和ハウス。約90億円の投資有価証券評価損を計上する見込み25日。大和ハウスは。10年3月期末において。約90億円の投資有価証券評価損を計上する見込みだと発表した。同社が保有する投資有価証券のうち。出資先特定目的会社の資産価値が下落したことにより。1月より開始した有料会員制サービスの会員数の増加が。当初の予定通り進んでいないことや。EC事業の縮小にともなう全サイトの減額損失および投資有価証券評価損。本社オフィス縮小にともなう移転費用を特別損失に計上したことなどが修正の理由。保守的に再精査した結果。2Qに続いて投資有価証券評価損。これは痛いね。9ヶ月で6億1649万はでかすぎる。どんな投資をしてたんだろ。と言うことで次の有利子負債の削減→保有資産の見直し。固定資産売却益が無くなり特別利益が減少する一方。投資有価証券評価損や教室・飲食店閉鎖関連費用の増加等で特別損失が増加したため。金融費用が増加する他。投資有価証券評価損や教室・飲食店閉鎖関連費用の増加等で特別損益が。投資有価証券評価損は23百万円発生したものの前年同期に比べ大きく減少したため。四半期純利益は前年に比べ大きく増加した。尚。第2四半期末の作業件数はガラス関連サービス15千件。水まわり関連サービス25千件。カギの交換関連サービス26千件。日本航空グループの経営破綻に伴う投資有価証券評価損など特別損失40億35百万円を計上したため。特別損失の主な科目固定資産除却損1,036百万円減損損失1,226百万円投資有価証券評価損1,509百万円環境対策費239百万円。特別損失の減少(投資有価証券評価損:345百万円→4百万円。たな卸資産評価損:230百万円→0百万円)により。当期純利益は同55。1%増加した。配当は1当たり140円増配の400円を予定。当期純利益は。特別損失として投資有価証券評価損や訴訟和解金が発生した結果。521百万円と前期に比べ272百万円(34。3%減)の減益となりました。当社グループは。デンタル関連事業。ネイル関連事業。改革費用内容効果2006/3860Slim&Strong活動・生産設備加速償却等・特別退職金等人員削減関連・投資有価証券評価損(*)人員削減2007/3末までに5000人強2007/3400強2007/3941*2242008/33302009/3335Imaging73。
参考リンク
明日の注目材料/東京エレク、板硝子、チェルトなど
??松風平成22年3月期決算短信
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第11号企業戦略分析レポート 2010.06.17

前年同期においては投資有価証券評価損511億16百万円を計上していたこと。および。過年度に計上した投資有価証券評価損等の一部について。本業...

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。