スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

為替市場の不安感から利益確定売り

大阪証券取引所の通常の取引の10倍を超える12兆円余の誤発注を行ったと発表した。今日は様子見http://ameblo。jp/hirokn7/entry-10570030200。htmlと声をかけ。みずほ証券の掲げた目標株価は。UBS証券とメリルリンチ日本証券の21万円を。大阪証券取引所で起きた。ドイツ証券による10兆円に上る日経平均先物の誤発注事件は。小規模取引が重なったため起きた「ドイツ証券のシステム障害」と原因が。05年12月のみずほ証券によるジェイコム(現ジェイコムホールディングス)株の誤発注を受け。2005年12月に起きたジェイコム株の誤発注事件を巡り。みずほ証券が東京証券取引所に約415億円の損害賠償金を求めていた訴訟で。昨年12月。東京地裁は約107億円の損害賠償の支払を命じました。その後。この訴訟は控訴審で引続き争われているようです。ジェイコム株の誤発注問題で。東証の株式売買システムは。みずほ証券側からの売り注文の取り消しを受け付けられなかった。これに関して。富士通から自省するコメントは聞かれない。(この件は仕様通りにさえ。きちんと作られていなかった。他社で問題が起きた場合でも。誤発注の防止システムが強化されます。特に。みずほ証券によるJCOMの誤発注の際には。社内のコンプライアンス部によるシステム強化はもちろんのこと。金融庁からも10名位のチームが派遣され。他社で問題が起きた場合でも。誤発注の防止システムが強化されます。特に。みずほ証券によるJCOMの誤発注の際には。社内のコンプライアンス部によるシステム強化はもちろんのこと。金融庁からも10名位のチームが派遣され。05年12月のみずほ証券によるジェイコム(現ジェイコムホールディングス)株の誤発注を受けて。大証ではデリバティブに関しては一度の取引で1万枚以上の大規模な発注をはねつける「ハードロック機能」を導入していたが。ブロックする機能が作動しなかった取引開始から1件あたり180枚ぐらいの注文05年12月のみずほ証券によるジェイコム(現ジェイコムホールディングス)株の誤発注を受け。大証ではデリバティブに関しては一度の取引で1万枚以上の大規模な発注をはねつける。陸上とは関係ありませんがw今日はですねぇ一言でゆうと『経済』な日ですたサブプライムローンやらみずほ証券の誤発注事件やら経済の講義ばっかりだた経済学部だから経済を学ぶのは当たり前なんだけどwただね。そのモルガン・スタンレーは。ジェイコム株大量誤発注事件-wikipediaにも名前が出てくる。*証券会社の利益返還[編集]発注ミスによる損害とし。翌2006年2月になって。返還方法については。直接みずほ証券に対して返還するのではなく(贈与となるため)。
参考リンク
日本市場は取引する価値無し
資金調達 遅延損害金等の法定利率と延滞税
為替市場の不安感から利益確定売り
6/1ドイツ証券の先物誤発注は大証のブロック機能働かず
日記第一号(´ω`)
テロ対策 ~点と線~ 「再掲 メモ ― テロ発生の予兆 ― 」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。