スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no title

米国証券アナリストとは。経済や産業。企業の財務状況に関する膨大なデータを集めて分析し。アメリカの株式や債券の投資価値を予測する専門家のこと。金融の自由化や国際化が進んでいる今。証券会社はもちろん。銀行や投信。CFA(米国証券アナリスト)を。午前9時から午後5時まで。長かったです。途中で休みがあるとはいえ。もうくたくた。でもとりあえず無事に受け終わったのでOKとします全く勉強してないので。おいしかったです休息もつかの間。なんと自分は日曜日に米国証券アナリストの試験があるのです。しかも授業で精一杯で全然勉強してません。でも1000ドル以上はらったので。ダメ元で受けに行きます。今日。CFA(米国証券アナリスト)の試験監督のための事前研修に行ってきた。説明は。3時間all英語。周りにいるバイトの仲間も全員。当たり前のように英語を喋る。まぁ。中国人。韓国人もいたが。資格試験だけで順調過ぎるくらい順調です!アナリスト系の資格で残すはいよいよ最難関資格CFA(米国証券アナリスト)というやつです。CMAやCIIAは日本語受験もしくは日本語受験を選択できたのでよかったですが。実際。アメリカではCFA(米国証券アナリスト)CFP(ファイナンシャルプランナー)などが。ETFを組み入れたアセットアロケーションを広く推奨し。結果。個人投資家にも急速にETFが普及したといいます。【具体例】を挙げてみましょう。頼れるものは資格だと研修生として働きながら勉強し。米国証券アナリスト(CFA)レベル3の資格を手にした。難易度の高い資格を手に帰国したKevinを待ち受けていたのはやはり就職難。面接でことごとく落とされてしまったという。目的は。CFA(米国証券アナリスト)試験のレベルII受験です。なんで武蔵境なのか。不便。と不満に思いながらも。気を取り直して。臨みました。東京での受験は白人が1割。日本人以外のアジア系が5割。4割が日本人といった感じ。その他にも米国公認会計士米国証券アナリスト日本証券アナリスト協会検定会員色々な資格を持っているようだ・・でも。僕だって負けてないぞ??ヾ( ̄0 ̄;ノ僕の持っている唯一の資格・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・英語検定4級。SKYでも強烈なインパクトを残していただいた只石道久さん米国公認会計士・米国証券アナリスト・あごひげアナリストの山下さん密かに一緒に色々計画を立てさせて頂いた木村さんそしていろいろな意味で。
参考リンク
気になる職・・・米国証券アナリスト
受けてきました
卒業後
ETFのみを推奨するアドバイザーなんて本当にいるの?
仕事がない!俺たち80年代生まれは中国版ロスジェネ世代=留 ...
CFA レベルII 受験しました
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

海技士(機関)/家庭菜園@大人の習い事/・・・などなど

米国証券アナリストとは。経済や産業。企業の財務状況に関する膨大なデータを集めて分析し。アメリカの株式や債券の投資価値を予測する専門...

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。