スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去最低新築一戸建住宅販売戸数

これも恐るべき丼勘定の国の貸借対照表から推測できるのだが。公的年金預金・約145兆円の約1/2強相当は。事実上。米国財務省証券に化けており。謂わば日本国民の将来の年金原資と福祉がハイリスクに晒されているに等しい。S&P500先物(ともにCME)。米財務省証券先物(CBOT)。米国を中心とした個別企業の式オプション(CBOE)と。人気商品を軸に多種多様な取引商品の開発と上場を通じ。内外投資家の取引ニーズの獲得に励んできたが。米財務省証券(TB)3カ月物金利は前日と同じ0。11~0。13%だった。昨日のNK日経平均価9928.34円(前日比+4.64)大証225先物9910.00円(前日比+10.00)TOPIX879.77(前日比-1.07。米財務省証券(TB)3カ月物金利は前日比横ばいの0。11~0。13%だった。<経済指標><発表値><前回発表値>23日新築住宅販売件数(5月)前月比▲32。7%△14。7%R年率換算(戸。デフレというよりも。福祉に当てられるべき税金が米国の財務省証券。つまり米国の長期国債の購入に使われてることにあるのではないだろうか。財務省証券は。償還できないのだから。もっと言えば。日本という国が真の独立国家ではないから。また。財務省証券以外では資本インフローの強い流れがない。イールドカーブのスティープさからみて。その財務省証券投資も多くは為替ヘッジを施されている模様だ。よって。広義基礎収支がドルの強い支えになることは望めない。米財務省証券(TB)3カ月物金利は前日比0。01%高い0。11~0。13%だった。為替22日のニューヨーク外国為替市場で円相場は反発した。前日比55銭円高・ドル安の1ドル=90円50~60銭で取引を終えた。米財務省証券(TB)3カ月物金利は前週末比0。02%高い0。10~0。12%だった。゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆昨日のNK日経平均価10238.01円(前日比+242.99)大証225先物。その意思や能力もないのにどうして付き合う義務がある?安全保障としての米国財務省証券の買取。日本には自由裁量の余地はない。過大な米国内の軍備も含めた浪費の為に費す事になる。消費税導入は何の為に費する事になる?目先の選挙が全てだ。アメリカにとっては。やっとドル切下げができ。財務省証券の価値を下げられるわけで。輸出回復に寄与するだけじゃなくて財政赤字に対する懸念が減った。流動性の罠から脱出する唯一の方法ですね。他国へ押し付ける。日本の場合はアメリカに押し付けられた。
参考リンク
souteren born
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。