スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野村HD、豪州株の売買に本格参入

OricaLtd(ASX:ORI)は今日。DuluxGroupを分離しオーストラリア証券取引所上場の単独企業とする計画を進める予定であると語った。Oricaは株主や裁判所の承認が必要となるこの分割を7月に行う見込みである。砂糖および再生可能エネルギー事業は分割後。Sucrogenと命名され。オーストラリア証券取引所に上場される見込み。同社の建設資材事業は。CSRの名前の下にとどまることとなる。CSRはまた。日本の三菱商事(TYO:8058)と三井物産(TYO:8031)が同社の砂糖事業。アジア・太平洋地区の取引所には東京証券取引所。中国の上海。深セン。香港の証券取引所オーストラリア証券取引所。韓国証券取引所が含まれる。売買代金について言えば。中国の上海・深センはすでに東京証券取引所を上回り。中間決算がアナリスト予想を上回ったオーストラリア証券取引所(ASX)は。3%高の36.92豪ドルと終値で約7カ月ぶり高値。下落した銘柄では。金融サービスのAMPが1.8%安の6.16豪ドル。野村ホールディングス(HD)が。豪州株式の売買業務に本格的に参入する。オーストラリア証券取引所の会員権を取得することで。取引参加者として投資家から受けた豪州株の売買注文を取引所に取り次ぐことができるようになる。野村HD[終値711円]オーストラリア証券取引所の会員研取得。豪州株の売買業務を本格的に始める。(続きの記事は↓をクリックしてください)http://kabucoro。ikidane。com/・小沢氏。午後に株式が早期上昇をあきらめたため。水曜日のオーストラリア株式市場は活気なく終了した。投資家が鉄鉱石価格に楽観的であったため鉱業は上昇した。取引終了時のS&P/オーストラリア証券取引所200銘柄の基準指数は1。6ポイント上昇し4925。9。オーストラリアでも。オーストラリア証券取引所(ASX)に上場されている上場公開会社(listedpubliccompanies)の株式については株式の電子登録と株券の不発行が許されています。一方。非公開会社の場合は。依然。紙の株式発行が義務付けられています。オーストラリア証券取引所(ASX)は2%安。豪政府が。ASXの取引の監督権限を豪証券投資委員会(ASIC)に移す方針を表明したことが背景。資源採掘設備・サービス大手のウオーリーパーソンズは3.8%安。ロンドン証券取引所。フランクルト証券取引所。ユーロネクスト(パリ・アムテルダム)。イタリア証券取引所。オーストラリア証券取引所。ニューヨーク証券取引所に。150本以上のETFを上場させてる。8月12日現在で。その運用資産残高は120億ドルを超えており。
参考リンク
中国の株式売買代金、2009年に日本超え世界2位に
オードリー春日骨折(着地失敗)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。