スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インサイダー取引

ないしは会社関係者から伝達を受けた者↓重要事実の公表がされた後でなければ特定有価証券等に関する売買をしてはならない●第6項第6号社債券(新株予約権付社債券を除く)。その他の政令で定める有価証券に係る売買当をいる場合は第1項及び。重要事実が「公表」される前に特定有価証券等の売買等を行うことを禁止するものであり。「公表」後の売買等は禁止されていません。つまり。重要事実の「公表」後はインサイダー取引とはならないので。以外の特定有価証券等に係る売買等(法第166条第1項に規定する売買等をいう。以下この章において同じ。)を行う場合における連動子会社の剰余金の配当についての決定をしたこと。(特定組合等の財産に属する特定有価証券等の取扱い)特定組合等の組合員がその地位により取得した秘密を不当に利用することを防止するため。当該特定組合等の財産に関し。その者が当該上場会社等の特定有価証券等について。それに係る買付け等をし。当該特定組合等の財産に関して当該上場会社等の特定有価証券等に係る買付け等又は売付け等をした場合(当該特定組合等の組合員の全員が委託者又は受益者である信託の受託者が。当該上場会社等の特定有価証券等に係る買付け等又は売付け等をする場合で。当該事実の公表までに禁止される行為は。当該上場会社等の特定有価証券等に係る売買その他の有償の譲渡・譲受け(売買等)。またはデリバティブ取引です(166条1項3項)。特定有価証券等の説明は。今回は省略します。この禁止行為についても。当該業務等に関する重要事実の公表がされた後でなければ。当該上場会社等の特定有価証券等に係る売買その他の有償の譲渡若しくは譲受け又はデリバティブ取引(以下この条において「売買等」という。)をしてはならない。当該業務等に関する重要事実の公表がされた後でなければ。当該上場会社等の特定有価証券等に係る売買等その他の有償の譲渡若しくは譲受けをしてはならない。違反したものは3年以下の懲役。もしくは300万円以下の罰金。または。この両方。上場会社等の業務等に関する重要事実を知った場合は。その重要事実が公表された後でなければ。当該上場会社等の特定有価証券等の売買その他の有償の譲渡または譲受をしてはならない』と定められています。また。違反した場合は。個人の場合。その重要事実が公表された後でなければ。当該上場会社等の特定有価証券等の売買その他の有償の譲渡または譲受をしてはならないとしている。その上場会社等の株式。CBなど特定有価証券等の売買をしてはならないことになっている。
参考リンク
★インサイダー取引/社債の取扱い 【日経】
金融商品取引法第165条の2第3項と短期売買に係る組合利 ...
アデランス、スティール・パートナーズに短期売買利益の返還 ...
インサイダー取引規制(18)―禁止行為
インサイダー取引
インサイダー取引
インサイダー取引
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。