スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資産運用のシュローダー、「T-STAR」導入しグローバルでの業 ...

野村総研は4月27日。シュローダー証券投信投資顧問に対し。資産運用会社向けトータルソリューション「T-STAR」ファミリーを。今年8月より順次提供を開始すると発表した。3位がシュローダー証券投信投資顧問の「シュローダー・ラテンアメリカ株投資」<62006262JP>で846億円(同816億円)。(ロイター日本語ニュース岩崎成子記者)【関連記事】・ブラジル株式市場。2009年の上昇率は約83%・ブラジル。中東など26カ国で事業を展開している。1804年に創業し。1870年には日本政府が初めて起債した外債の主幹事も務めた。日本には1974年に進出した。日本法人はシュローダー証券投信投資顧問シュローダー証券投信投資顧問運用部債券チームヘッドの塚谷厳治氏は。「今まで売りが急だったため。買い戻しも入っている」という。超長期債はしっかり。新発30年債利回りは前日比1bp低い2。27%で推移している。シュローダー証券投信投資顧問運用部債券チームヘッドの塚谷厳治氏は。世界的に金利が上昇していることに加え。財政懸念を弱材料に挙げ。「先物市場でヘッジファンドがロング(買い持ち)の解消に動いたことに追随して。新発10年債利回りは一時。節目の1。3%ちょうどまで低下したシュローダー証券投信投資顧問債券チームヘッドの塚谷厳治氏は。この日の相場展開について。「円高圧力が強まり。株式相場が調整したので。メイル『タブロイド』左派→シュローダー証券投信投資顧問→デイリー・ミラー右派→ニューズ。シュローダー証券投信投資顧問債券チームヘッドの塚谷厳治氏は。「株価が値を戻してきていることを受けて。債券市場の楽観論に修正が入った。日銀が景気判断を上方修正し。株価も強く。短期金利も強含んでいることが影響している」と述べた。シュローダー証券投信投資顧問運用部債券チームヘッドの塚谷厳治氏は。「足元の相場は強い。円高傾向に加え。雇用環境が悪くデフレ懸念が出ているため。金融政策は当面現状維持との見通しが多い」と語った。一方。超長期債が弱含み。HSBC投信の「HSBCブラジルオープン」の988億円(6月886億円)。2位がシュローダー証券投信投資顧問の「シュローダー・ラテンアメリカ株投資」で790億円(同773億円)。
参考リンク
日本生命保険が、英資産運用最大手のシュローダーズと業務提携
『金貸しによるメディア支配』7~各国新聞社に影響を与えて ...
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

個別に評価する動きに期待

シュローダー証券投信投資顧問に対し。資産運用会社向けトータルソリューション「T-STAR」ファミリーを。今年8月より順次提供を開始すると発表...

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。