スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほうれんそう

そうやって。背伸びを続けていると。いつのまにか自分でも信じられないぐらいの実力がついているものです。『いま背伸びしなければ。明日に虹はない』【山種証券元会長山崎豊治】。日興現地法人の社員や昔の山種証券の役員も知ってた話。現新光証券の人間でも知ってるやつは残ってる。あんなの評価して5つ星つけた会社は恥。竹村尚子は香港でもモノくれ岡光婦人もびっくりのたかりやで話題の人だった。野村香港の間でも有名。「報告・連絡・相談」を略したビジネス・コミュニケーションを促す内容で。山種証券(現・SMBCフレンド証券)の社長だった山崎富治氏が。昭和57年(1982年)に始めた社内キャンペーンで言い出されたことです。東京都港区)*サントリー美術館(サントリー。東京都港区)*山種美術館(旧山種証券・山崎種二。東京都千代田区)*三井記念美術館(旧三井グループ・三井家。東京都中央区)*森美術館(森ビル。山種美術館は。山種証券の創始者である山崎種二が。多くの日本画家のタニマチ(パトロン)をしていた関係で。多くの貴重な作品を所蔵することができた美術館である。日本画専門で重要文化財を多く所蔵する美術館としても貴重な存在だ。「百戦百勝」読み終えました。モデルは山種証券の山崎種二ですね「働き一両。考え五両」という考え方また。名前(文中)も豆を二つまいて一つを刈り取るような生き方の意味をこめて「豆二」という命名。昭和61年。山種証券社長(当時)の山崎冨治さんが『ほうれんそうが会社を強くする』という本を世に出してからこの言い方が広まったという説があるそうです。報告とは…上司から指示された仕事の経過・結果を上司に知らせること。若い頃日本橋兜町山種証券の8階にあった頃には暇つぶしに出掛けました。浮世絵でしたか日本画が多く静かな美術館でした。今は遠くなり何となく億劫になりました。年輪を重ねて。誰からも尊敬される人物の重みが山種証券の創始者。山崎種二さんとかにはありますねえ。それは。苦境にも動じない勝利者のあるべき姿と考える次第です。ほんとに力のある人は謙虚なものですよ。私は。凡人です。年輪を重ねて。誰からも尊敬される人物の重みが山種証券の創始者。山崎種二さんとかにはありますねえ。それは。苦境にも動じない勝利者のあるべき姿と考える次第です。ほんとに力のある人は謙虚なものですよ。私は。凡人です。
参考リンク
職場におけるコミュニケーション術「報・連・相(ホウ・レン ...
三津屋御神楽だんじり(屋台) 東予秋祭り統一運行2009年 愛媛 ...
日本画の 山種美術館 広尾
☆ 山種美術館
いよいよ6月
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

20年前にタイムスリップ:この感覚は初めてだ

これは山種証券だったとこだよ。裏路地に回るとYAMATANEの文字が見えた。山種さんの凄さを思い知る。近くには。東京証券取引所もあ...

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。